ちゃいるーかの森

いるかビレッジイベント*自然学校

アドラー講座始まりました☆


スポンサードリンク

2016.9月から
毎月アドラーの講座をコモンハウスで開催していただいています。

なつこ先生のブログ⇨

ちゃいるーかの森では
講座に参加される方を対象に
お子様をちゃいるーかの森でお預かりしています。

講座初日!

大丈夫かしらとドキドキのお母さま。
講座のお部屋へ後ろ髪を引かれる思い。

お母さんも成長してくるから!!と思い切って立ち去ってくださったお母さん。

{B0487D23-2FC9-466D-B952-83A93613034F}
「お勉強してくるからね」「終わったら、ここにお迎えにくるからね」と何度も言って、子どもとの心の交換をはかっています。愛を感じる〜

分かってるけど、分かってるけど、泣けちゃって、探しちゃうのが子どもの素直な気持ち。

お母さんもら子どもも同じ思い。

{D6105FE3-929A-459A-8EB6-91F0E670960F}
お母さんの心配もよそに
子ども同士の調和パワーは半端ない。


{D383E3EA-F228-4D91-A2FD-1B93A67AD7CE}
大人が声をかけるより
子どもが手を引いてくれると
すぐに泣き止んじゃったり。

ちゃいるーかに毎日通う子どもたちには、そんなスッと入り込めるエネルギーも備わってきている気がします。
「あっち見てみようか」といっしょに探しに出かけてくれるんです。ありがとう。


{9F3D013E-3A44-4D8D-AA85-04668FB2DA60}

誰かが笑うと
泣いてる子も遊び始めて
{98279A3D-7BA0-4C60-830A-188975C5181B}

{38408192-9D1E-44E0-9FE9-89E7D2E0FEC2}

{6F2E716E-0972-4DAF-8EC3-86C40C52808B}


もちろん
すぐにお母さんのところに行けるってゆーのも、ちゃいるーかの魅力。

「お母さんのところに行きたい」と涙を流すお子様も。

落ち着いてきたとき、
「お母さんといっしょに勉強したい」と。

涙を流しながらでも、「会いたい」以外の言葉も出てきました。
ちゃいるーかの森は、対話することを大事にしています。

想いを伝える力を、様々な状況から育んでいきたいです。

その勇気を大切にしたいので
お母さんの元へ、勉強用の折り紙をもってもどったお子様もいました。


{374B9BFC-CDF1-48D0-B6CF-7D08D5B07E85}

近くの公園で遊んだり
{C9489001-EFC2-4ADE-BE20-42D11BCC3BBB}
お部屋で工作してみたり。

学びある時間をありがとう(^o^)/



次回からのアドラー講座の託児のご提案。

託児をご希望の方⇨
500円で昼食をとっていただくことが可能です。
講座中に子どもが過ごしているちゃいるーかがどんなところなのか、午後からの自由遊びの時間を兼ねてお伝え出来たらいいなと思っています。

(本来は3回までの体験が可能ですが、今回は含まれません。)

託児をしていないが話を聞きたい⇨
800円で大人と子ども分の食事を提供させていただきます。(体験3回分には含まれない)
そのあと、お話の時間を持ちたいと思います。もちろん、ちゃいのお話聞かなくても、午後の遊び場として過ごしてもらっていっても大丈夫です。

時間としては説明30分から1時間ほどで、ちゃい終了は14時ごろまでです。


よろしければ、午後の時間を心地よく共有できたら嬉しく思います♪講座での学びなどもぜひシェアしてください\(^o^)/


090-9177-1988
chairukanomori@gmail.com