ちゃいるーかの森

いるかビレッジイベント*自然学校

1月◎いるかの新フィールド@嵩山町


スポンサードリンク


あけましておめでとうございます㊗️


いるかビレッジの引っ越しに向けて

慌ただしくなっております。

それでも、なんだかワイワイ楽しく出来るのが、ここならではの雰囲気。




f:id:chairukanomori:20190125223707j:plain

次のステージ、新しいフィールドに

1月自然学校は先頭切って行ってまいりました!


豊橋市市内なのに「こんなにいいとこあるの?!」な、かなりの穴場スポット@嵩山町


山、川、畑、田んぼ、古民家

昔からの暮らしがそのまま残っています。

そしてここは調整区域なので、昔ながらの姿を変えられずに守られています。



まず、嵩山に行くために、計画!準備!


f:id:chairukanomori:20190125223757j:plain


「何にもないところでお昼ご飯を食べるために」何が必要なのか、書き出して


準備。さら、お米、マッチ、まな板、、

いす?

f:id:chairukanomori:20190125223902j:plain



椅子があるらしい。

持たずに苦戦していたら、陶芸の加藤さんが持ちやすいようにしばってくれた。f:id:chairukanomori:20190125224044j:plain


買い出しもばっちりーおてのもの!

楽しくて先走っちゃう感じ、いいね!

f:id:chairukanomori:20190125224111j:plainf:id:chairukanomori:20190125224157j:plain

「そこには何もない」の情報をたよりに、湧き水を汲んで出動!

お店でペットボトル買うかって話題も出たんだけど、

「洞窟の近くの町なら、湧き水がある!」と思い出して、湧き水にきまり〜〜!


f:id:chairukanomori:20190125224401j:plain


到着したら、大家さんにばっちり挨拶できた!


知らない人と関わることや、人の家の場所を使わせてもらう意識は、

もう持ってもいい年頃だなと思うんだ。

f:id:chairukanomori:20190125224549j:plain

かまどで米とカレーとお芋。


手分けをして、頼んだこともせっせと行う。経験があると、「やったことある!」と率先してくれる。やり方を知ってるだけで、参加できる範囲も広がるんだ。


f:id:chairukanomori:20190125224655j:plain


大家さんも、子どもの個性的な火起こしを見守ってくれて、必要なときは手伝ってくれて、ありがたい存在。

f:id:chairukanomori:20190125224843j:plain




ここにある様々な果樹のひとつ、みかん!取らせてくれました!

f:id:chairukanomori:20190125225011j:plain


芋もばっちり!

f:id:chairukanomori:20190125225039j:plain


おいしくて、

叫ぶ子どもが2名ほど!


みんなで大きい声で笑って

いい空気を吸って

美味しいもの食べて

走って


そんな贅沢な時間を過ごしました。

f:id:chairukanomori:20190125225151j:plain



「なんにもないけど、なんでもある」

またここで遊ぼう!


f:id:chairukanomori:20190125225234j:plain