ちゃいるーかの森

いるかビレッジイベント*自然学校

入園式 あいさつ


スポンサードリンク

2015/04/09 12:54

4月6日


ついにこの日がやってきました。


ちゃいるーかの森 保育園クラス第一期生


ご入園おめでとうございます。



ちゃいるーかの森では様々な人との育ちあい、冒険


チャレンジをテーマに自然のものから自然を学ぶことを心がけています。

自分の興味をかなえる喜び、追求するおもしろさ、

そこから生まれる 考える力・自発性・自尊心。

この園を卒園し、次の社会へ行く前にそれらの基礎を育てていきます。


私の恩師が以前読んでくれた詩に


「アメリカンインディアンの考え」という詩があります。



批判ばかり受けて育った子は非難ばかりします。



敵育にみちた中で育った子は誰とでも戦います。



冷やかしを受けて育った子は、はにかみやになります。



妬を受けて育った子はいつも悪いことをしている気持になります。



心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなります。



励ましを受けて育った子は自信を持ちます。



ほめられる中で育った子はいつも感謝することを知ります。



公明正大な中で育った子は正義感を持ちます。



思いやりのある中で育った子は信仰心をもちます。



人に認めてもらえる中で育った子は自分を大事にします。



仲間の愛の中で育った子は世界に愛を見つけます。


ふり返ってみてください


子どもに思い通りにならない時があるので説明しても


気づくと自分と同じ仕草をしている・同じ話し方をする。




子供は叱ったり説得して吸収するよりも、


大人を観察して吸収していきます。



私たちは大きな愛情で子どもたちを見守り・


認め、思いやり、いい所をほめ、励ましともに成長を目指します。



どうか、おうちの方々ちゃいるーかの森に「いってきます」「ただいま」
の際
10秒間のハグと言葉かけをして下さい。



そして帰りの道では、子供の話をしんけんに聞いてください。


それらが子どもたちにとって一番の安心剤になると思います。




長くなりましたが、これであいさつを終了させていただきます。

ありがとうございました。