ちゃいるーかの森

いるかビレッジイベント*自然学校

おこめとなみだ


スポンサードリンク

{6CD2A226-CD2D-4338-9253-5DF083B0ED58:01}

今年も穂をつけてくれました。

いつもこの時期は感動する。

秋の涼しい風がふくからかもしれないけど

心配ごともおおかったから、また一段と。


よかったなぁ、ありがとう、今年も。


あ、泣きそT_T


忙しくて見てあげれてなくて

やんなくちゃーて目でみたこともあるし

水がどうとか、草がどうとか

ひえがどうとか



そんな作り手に関わらず

こうして秋のいるかビレッジを彩ってくれて

しっかり穂をつけてくれてさ



{2C1D8B47-A50E-4A5F-9939-4E53B0C53E8E:01}




あ〜これは自然農法。

虫も草も敵としない、持ち込まないし、持ち出さない。


子どもと同じものを感じる。

勝手に育つ。

栄養はいれてなくても

自分で探して大きくなり

その分自分でしっかり根を張り。

虫も草も良き仲間。

いろんな意味で良い仲間。



また今年も気付く。

水が届かないところはお米小さいな

環境は作ってらねばな。



そしているかビレッジだから

体験型だから

こんな感じだけどさ


生きていく分のお米を、と、思うと

どう?量、足りないよね

広さ必要。時間必要。

人手はなんとかなる


一粒にたくさんのお米を実らせたい


もし、戦時中なら

私は肥料を入れてたくさん実らせたいと思う。


生きていくのに必要な量

収穫したいと思う。

そして隣同士と野菜も交換もしたい。


とりあえず、3年お米作った。

量少ないけど、やれば出来るって分かった。

もちろんみんなの助けを借りて。

や、3年はできるか


なんでも

やってみたらわかる。

できるか出来ないか



や、出来るまでやるからできる。


仕事から人生の体験をする!これ素敵!